ニューヨークを中心とした食と栄養情報:過去のブログは「ニューヨーク食育&フード事情」http://ebis.nutritio.net/columbia/


by AsakoFoodToEat
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

免疫力を食べ物で高める!- 2

前回の続き、免疫力を高めてくれる食品の紹介です。
<免疫力を上げるパワーフード>
f0205909_11563523.jpg4.魚介類:牡蠣やロブスター、かに、貝などに含まれるセレニウムは。抗酸化作用も高く、組織の呼吸作用、白血球がサイトカインたんぱく質を生産するのを助けます。サイトカインはインフルエンザウイルスから体を守ってくれるたんぱく質の1つ。また、魚にはオメガ-3脂肪酸が多く含まれていて、炎症を抑えたり、気道の通気性をよくして、風邪や呼吸器の風邪から肺を守ります。セレニウムを含む食品は甲殻、貝類のほかに穀物、肉、鶏、乳製品。オメガ-3脂肪酸を含む食品は青魚、キャノーラオイル、クルミ、亜麻仁油など。

f0205909_1291570.jpg5.紅茶:紅茶に含まれるアミノ酸のL-テアニンは免疫を高める効きめがあり、紅茶のほかに緑茶にも含まれています。ハーバード大学の研究から1日に5カップの紅茶を二週間続けて飲んだ人は飲んでいない人に比べて血液中のウイルスと闘うインターフェロンが10倍も多かったとか。といっても1日に5カップ飲めるのもすごいですが・・・。

f0205909_11475626.jpg6.肉類、レバー、卵、穀物:これらの食品には免疫強化ミネラルとも言われる亜鉛がたっぷり含まれています。亜鉛は少しでも不足すると、白血球の発達などの重要な役割、バクテリアやウイルスから守ってくれる免疫システム細胞が弱まってしまいます。亜鉛をきちんと取らないと味覚障害、けがの治癒が遅い、インスリン活動を上昇できないなどがあります。また、気をつけなくてはならないのは摂りすぎは銅の不足にもつながるので気をつけて。

f0205909_1149421.jpg7.人参、かぼちゃ等:これらの野菜にはベーターカロチンがたっぷり含まれています。ベーターカロチンはビタミンAの前駆体です。皮膚、視覚にもよいといわれるビタミンAですが、皮膚の一部も免疫システムです。結合組織の生産において、ビタミンAは主要な役割を果たします。ビタミンAの前駆体であるベーターカロチンを多く含む人参、かぼちゃ、メロン、中がオレンジ色のサツマイモを食べると、体の中でビタミンAに変わります。

f0205909_1252474.jpg8.きのこ類:きのこ類は免疫力を高める栄養素、ビタミンB1,B2,D,そしてミネラル、食物繊維が豊富です。きのこ類は白血球の生産と増加の役割をします→感染症などにもよい。しいたけ、しめじ、えのき、まいたけ等、バランスよく食事に取り入れてみてください。


ハーバード大学研究
http://www.cbsnews.com/stories/2003/04/21/health/main550409.shtml

<i>写真提供: FDA, American Mushroom organization and All about USA
[PR]
by asakofoodtoeat | 2009-06-28 12:14 | 栄養:Nutrition