「ほっ」と。キャンペーン

ニューヨークを中心とした食と栄養情報:過去のブログは「ニューヨーク食育&フード事情」http://ebis.nutritio.net/columbia/


by AsakoFoodToEat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

高いサプリなんていらない!身近な食べ物で体力づくり

今年もあと2ヶ月ちょっとで終わりですね。ホリデーシーズンにはいつもよりも出費が増えたり、パーティ参加が増えたりで気づいたら洋服がきつくなってしまうことも・・・。一年の疲れが出る時期でもあるので、体調管理はしっかりして年末と年始を迎えたいものです。ところで、栄養補給のためにサプリメントは摂った方がいいの?とよく聞かれます。もし何か治療中でどうしても食べ物ではなくプラスの栄養がほしい時には安全性の高い、自然なサプリメントを薦めています。しかし体調不良もなく、ただ健康になりたいという方にはなるべく食べ物からの栄養摂取を薦めています。しかも安全性の高い、自然なサプリメントは高いですよね。では基本的に体力維持、もう少し体力をつけたいときに、なるべく季節のもの(値段も季節はずれより安い)何を食べたらいいのか?効果的な身近な食べ物をいくつかご紹介します。ただ、これを食べれば絶対に元気になるというわけではなく、バランスなので他の食べ物ともうまく組み合わせてくださいね。

f0205909_151414100.jpgりんご:1日1個は食べましょうというくらいからだのお掃除をしてくれる果物でもあります。坑酸化作用があるだけではなく、食物繊維もたっぷり(りんご1個約130gには4gの食物繊維が含まれています)。心臓にもよいといわれるのは、LDL(悪玉コレステロール)値が高いのを下げる作用があるという研究結果が出ているから。1日1/2個でも効果があるそうです。またりんごの皮には心臓疾患予防ダイエットに効果があるといわれているフラボノイドも含まれているのでなるべく有機産を食べてくださいね。ちなみにフラボノイドは炎症予防や痙攣予防にも効果があります。

f0205909_1515573.jpgほうれん草:これも冬が旬ですね。栄養素が高い時にたっぷり食べましょう。ただシュウ酸が多いので、結石がある人は注意してください。鉄分、ビタミンAとCがたっぷりなのでこれまた心臓疾患予防によく、癌予防に必要な坑酸化作用も豊富。脳の機能にもほうれん草パワーが効果的。


f0205909_151736.jpgピーマン(赤・黄・緑):ビタミンCが他のどんな食べ物よりも多いといわれている。頭のてっぺんから足先までによい食べ物とも言われています。坑酸化作用があり、目にもよい(ビタミンCとベーターカロテン)、心臓(ビタミンB6と葉酸)、肺(ビタミンA)、リウマチ(ビタミンC)。しかも赤や黄のピーマンは生でも甘くておいしいのでサラダにぴったり。


f0205909_15173579.jpgたまねぎ:たまねぎには胃腸や心臓疾患に効果的な栄養素が豊富です。特に二硫化アリルプロピルとクロムが血糖をコントロールし、高いのを下げる効果があります。ただこれも毎日少しずつ食べないと効果なしですが。余談ですが、祖母の叔母は化学者だったのですが、紫たまねぎの皮を煎じて、糖尿病に効く薬を作ったそうなんです。


f0205909_15215537.jpgロメインレタス:レタスよりもロメインがよい。というのはビタミンCと葉酸含有量がとても多いのです。(レタスのビタミンCが2mgのところロメインは11mg:葉酸はレタスが14mcgのところロメインは64mcg)。いつもレタスを買うときに味や新鮮度で選んでいたのですが、ちょっと栄養素が気になり調べてみました。


f0205909_15184448.jpg大豆:豆腐に限らず、納豆などの大豆製品はおなじみの健康食品。コレステロールや飽和脂肪酸を含まず、良性たんぱく質が豊富です。そのため心臓疾患予防にも効果的。小豆や黒豆もとても身体にいいので、ごはんに混ぜて炊くなどして取り入れてください。


こうやってみると、普段食べているような食品が多いと思いませんか?できるだけ季節物、農薬を使っていないもの、地産地消を意識して買い物をしてみましょう。
[PR]
by asakofoodtoeat | 2009-10-18 15:23 | 栄養:Nutrition