ニューヨークを中心とした食と栄養情報:過去のブログは「ニューヨーク食育&フード事情」http://ebis.nutritio.net/columbia/


by AsakoFoodToEat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ビタミンDが流行中?

f0205909_611339.jpgビタミンDは子供のくる病、成人の骨軟化症を予防や、カルシウムやリンなどのミネラルの吸収・代謝、そして恒常性の維持、骨の代謝に重要であり、骨粗鬆症予防の鍵は、骨密度を高めます。最近ではビタミンDの適量摂取はガン、1型糖尿病、リウマチ、多発性硬化症、自己免疫疾患予防に重要だという研究結果が出ています。最近私の周りだけなのか、ビタミンDについて話されることが多いのです。以前にビタミンD値が低い人の死亡率が高いという研究結果が発表されたのを思い出すと、やはりビタミンD摂取が気になります。

ビタミンDはビタミンD2(エルゴカルシフェロール)とD3(コレカルシフェロール)の2つの型があります。紫外線照射(1日15~20分、一日おきでもよい)によって、ビタミンD2は植物に存在するエルゴステロールから生成され、ビタミンD3は動物に存在する7-デヒドロコレステロールから生成されます。

ビタミンDはホルモンでもあるので、ビタミンDが皮膚や食事から生成された後、腎臓や肝臓は活性型ホルモンの形に変換されます。ホルモンとしてビタミンDは骨、歯の強化、筋肉強度維持のためのカルシウム吸収を助けます。

アメリカではビタミンDが不足する人が年々増えていると問題になっているせいか、血液検査でビタミンD値を確かめる人が増えているそうです。ビタミンD値が低かったらビタミンD群を食べ物から摂取する、日光に当たって吸収する(窓からは効果なしだそうです)、どうしても必要な時はサプリメントから補給しなくてはなりません。

ビタミンDが豊富に含まれているのは牛乳、ヨーグルト、マーガリン、シリアル、きのこ類(干ししいたけには豊富)、魚の肝油、いわし、鮭、マグロ、卵黄などの強化食品です。乳製品や卵も摂らないベーガン(Vegan)の人には不足しやすいビタミンです。

ビタミンDが豊富な食品と日向ぼっこをする時間が取れない人はサプリメントで補うのが最終手段ですが、サプリメント購入の際に成分と分量を確認してください。マルチビタミン剤に入っている“ビタミンD”のほとんどはビタミンD2であり、ビタミンD3も含まれているものを選びましょう。骨粗鬆症治療薬のほとんどがビタミンD3です。

1日にどれくらい摂取すればよいのか?日本人の成人男女のビタミンD摂取基準は1日5μg(200IU )が目安であり、上限は50μg(2000IU )です。お魚を一匹(大きさにもよりますが)、卵を2個以上で1日の目安量を摂取できます。特にサプリメントからの過剰摂取は高カルシウム血症や腎機能障害などを起こすので注意が必要です。
[PR]
by asakofoodtoeat | 2009-10-25 06:12 | 栄養:Nutrition