ニューヨークを中心とした食と栄養情報:過去のブログは「ニューヨーク食育&フード事情」http://ebis.nutritio.net/columbia/


by AsakoFoodToEat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:国際協力( 1 )

「フェアトレード」とは公平取引(公平貿易)を意味し、開発途上国などの女性や小規模農家などの社会的にも経済的にも弱い立場にある人々に公平な労働条件と対価を支払うことで、彼らが自立をして生計を立てられるように支援をします。

フェアトレードの定義は1989年に設立された国際フェアトレード・ネットワークFINE*によって2001年に発表されています。
FINE:4つのフェアトレード団体から設立されています
F: Fairtrade Labelling Organizations International (FLO)
I: International Fair Trade Association,
(現)the World Fair Trade Organization (WFTO)
N: Network of European Worldshops (NEWS!)
E: European Fair Trade Association (EFTA)

FINEのフェアトレード定義
フェアトレードは対話、透明性、敬意に基づいて、最善の公平条件の下で国際貿易を行うことを目指す貿易パートナーシップである。フェアトレードは、社会的に弱い立場にある生産者や労働者 – 特に南の地域、に対しより良い取引条件を提供し、彼らの権利を守ることにより持続可能な発展に貢献する。フェアトレード団体は消費者によって支持されることによって、生産者への支援、意識の向上、従来の国際貿易の規則と慣行を変える運動に積極的に取り組む事を約束する。
(原文)
http://www.fairtrade-advocacy.org/documents/FAIRTRADEDEFINITIONnewlayout2.pdf
f0205909_3414317.jpg
World Fair Trade Organization(世界フェアトレード団体)はフェアトレードの基準を設定しています。ご覧になりたい方はこちら
http://www.wfto.com/index.php?option=com_content&task=view&id=2&Itemid=14

ではどこでフェアトレードの商品が購入できるでしょう?ここではアメリカについてお話します。フェアトレードの認証を発行するTrans Fair USAから認証を得るには公平な価格、公平な労働条件、小規模農家などとの直接交渉、環境維持などのフェアトレードの方針に遵守しなければなりません。
メジャーなブランドでフェアトレード商品を販売しているところは:
f0205909_3352235.jpg
ダンキンドーナッツ:
エスプレッソ、ラテ、キャラメルスワイルラテ、ターボアイスにはフェアトレードのコーヒーが使用されている。
https://www.dunkindonuts.com/aboutus/credentials/


Ben &Jerry’s Ice Cream
(ベン&ジェリーのアイスクリーム):日本でも以前セブンイレブンで販売されていましたね。バニラ、チョコレート、コーヒー、コーヒーヘルシーバークランチアイスクリームにはフェアトレードのコーヒーエッセンス、バニラエッセンス、ココアパウダー、バナナ、砂糖が使われています。
http://www.benjerry.com/company/sear/2007/sear07_4.0.cfm

Starbucks Coffeeスターバックスはフェアトレードに力を入れている企業の1つ。
http://www.starbucks.com/sharedplanet/ethicalinternal.aspx?story=fairtrade

Trader Joe’sコーヒー(お手頃な値段でフェアトレードのコーヒーが購入できます)
http://www.traderjoes.com/

Whole Foods Marketフェアトレードのコーヒー、紅茶、チョコレート、ワイン、砂糖、エネルギーバー、スキンケア、花、お米を販売。
http://www.wholefoodsmarket.com/products/certifier-partners.php

なぜフェアトレードか?
2年前にネパールへボランティアに行った時のこと、先進国から寄付されているお金がどこにいってしまっているのかわからない現状を目の辺りにして、きちんと生産者に公平に対価が支払われているとわかる所で買い物をしたいと思ったのがフェアトレード商品を購入するようになったきっかけ。日本に帰った時に顔をだすのが表参道にあるピープル・ツリー。開発途上国の自立の努力をしている人々を支援しています。
f0205909_337024.jpg

フェアトレードが全ての貧困問題解決につながるとは思いませんが、少しでも多くの人が身近の国際協力として意識を持って買い物ができるといいと思います。

World Fair Trade Organization(世界フェアトレード団体)
http://www.wfto.com/
People Tree
http://www.peopletree.co.jp/
[PR]
by asakofoodtoeat | 2009-05-29 03:46 | 国際協力