ニューヨークを中心とした食と栄養情報:過去のブログは「ニューヨーク食育&フード事情」http://ebis.nutritio.net/columbia/


by AsakoFoodToEat
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:環境: Environment( 4 )

f0205909_1334896.jpgニューヨーク市は「PLANYC 2030」という環境問題への取り組みを始めています。これは2030年までに炭酸ガス放出を30%まで減らすためには住民一人ひとりの協力が必要だとし、イベントなどで住民にグリーン活動参加を求めています。先日、ファーマーズマーケットでは「BE COOL & SMART」と書かれた紙の扇子が配られていました。三角形の5枚の紙が重ねられ、扇子のように開いて使うことができる優れもの。そして1枚に1つ環境にやさしい工夫が書かれています。

f0205909_12414070.jpg・誰もいない部屋のエアコンは消す
家に1日8時間いない時にエアコンをオフにしたら少なくとも1/3の冷却コストを節約できます。誰もいない部屋のエアコンは消すように心がけるとさらにコストを節約できますよ。


f0205909_1243482.jpg・カーテンやブラインドを閉めましょう
エアコンをつけている時でさえ太陽光線は家を熱くするので、エネルギーコストをさらに上げます。もっと節約したいなら、風があるときにはエアコンを使わずに窓を開けましょう。

f0205909_12445082.jpg・エアコンの温度を上げましょう
エアコンは25.6度(78F)に設定しましょう。毎0.5度を上げると、月の光熱費が3%又はそれ以上節約できますよ。


・エアコンのフィルターを常に掃除しましょう
エアコンのフィルターが汚いとエネルギーをたくさん消費します。まめに洗って、自然乾燥、そして再びインストールをしてエネルギーとお金を節約してください。

暑い日に配られたこの扇子、素晴らしいアイディアだと思います。扇子を開いたらかわいい鳥のイラストと涼しげなグリーンの文字が目をひいて、何が書かれているか読みますものね。ただ仰ぐたびにパタパタと紙の音が少々うるさいので周りを気にしないといけないのですが・・・・。冷夏とも言われる今年の夏、まだエアコンを一度もつけずに扇風機でがんばっています!

Planyc
http://www.nyc.gov/html/planyc2030/html/greenyc/greenyc.shtml

[PR]
by asakofoodtoeat | 2009-08-17 13:39 | 環境: Environment
堆肥(コンポスト)とは生ごみなどの有機物を微生物、バクテリアによって生物分解した肥料のことです。私が食育プログラムを行う際には必ずコンポストについても触れるようにしています。ミミズコンポストなどは家庭でできます。通気性のよい所で行わなければなりませんが。コンポストを行うことでごみの減量化や土壌の改良につながります。

<理想的な循環型生活>
地元農家から新鮮な食材を購入→料理する→生ごみはコンポスト容器へ→土に返して肥料にする→農家に返す(農家からの食べ物だから)や家庭菜園に使用する。

コンポストは窒素を豊富に含む有機物(N-Groupとします)炭素を豊富に含む有機物(C-Groupとします)、水と酸素が混合してできます。N-GroupとC-Groupの割合は同等にしなければ、以下のような問題が出てしまいます。
-N-Groupが少ない:分解の速度が遅くなる
-C-Groupが少ない:悪臭が出る

食育プログラムで料理をしたら、その生ごみを使ってミミズコンポストの作り方を説明します。正直最初はミミズを扱うのに抵抗があったのですが、子供たちがあまりにも喜んで参加してくれるので、いつの間にかフォビアはなくなっていました。料理教室の途中でコンポストにする生ごみを分ける時に「この食べ物はコンポストできるの?」という質問が多く、忙しいとたまにわからなくなってしまう自分のためにも今回はミミズコンポストの作り方ではなく、コンポストできるもの、できないものをご紹介します。

<コンポストできるもの○>
☆N-Group☆
野菜&果物(ジャガイモの皮など), コーヒー豆のカス, ティーバッグ, 枯れていない葉っぱ&植物, 刈った草, 雑草, 花, 海草, 羽毛, 馬糞, ハムスターやウサギなどの小さな動物の糞, コーンスターチ, 腐ったジュース, 古くなった小麦粉、シリアル, スパイス, 豆類
☆C-Group☆
落ち葉, 萎びた植物, わら&干草, 松葉, 小枝&木片, おがくず, 卵の殻, とうもろこしの穂軸, パン&穀物, 木灰, 古くなった腐葉土, 食事のかすを拭き取ったペーパータオル&紙ナプキン, ドライフラワー, 野菜や果物が入っていたダンボール, 木の実の殻

<コンポストできないもの×>
肉&魚のくず, チーズ&乳製品, 脂肪&油を多く含んだ食べ物, 犬猫の糞, 猫のトイレ, 大きな枝, 防腐剤を含んだ木材, 侵入性雑草, 種を含む雑草, 農薬で処理された植物&草, 異変した植物, 砂, 石炭&木炭, 色つき&光沢紙, プラスチック, ガラス, 金属類

きちんと分けてみると、普段食べているもののほとんどがコンポストできますね。食べ残しは残念ながらコンポストしません、というより肉、魚、乳製品を野菜と調理したものなど、コンポストできるものとできないものが混ざってしまっているので、出来ないことの方が多いのです。

私も一時は生ごみを取って置いて学校(私の通っていた大学院の栄養教育プログラムで働いていた所のオフィスにはコンポスト容器が置いてあるのです)に持って行っていたこともありましたが、野菜や果物の皮などをタッパーにとっておいて冷蔵庫に入れておく場所をとるのが困難になったので止めてしまいました。コンポスト容器を自宅におくことも考えたのですが、なかなか実践できずにいます。私にはバイオ式生ごみ発酵消滅機http://www.sinkpia-j.co.jp/index.htmlが必要みたいです、贅沢は言えませんが。家庭菜園でも始めたらもっと積極的になれるかもしれませんね。

f0205909_645296.jpg

食育プログラムでコンポスト作りに参加する子供達
f0205909_6471591.jpg

ミミズを見つけて手のひらにNYC Compost Project
http://nyc.gov/html/nycwasteless/html/recycling/composting-in-nyc.shtml
[PR]
by asakofoodtoeat | 2009-06-18 06:49 | 環境: Environment
f0205909_5492427.jpg運動前後に食べるお気に入りのエネルギー・バーの1つ、CLIF社が1% For The Planet (1% フォー・ザ・プラネット)の参加企業であることを知り、うれしくなりました。同じお金を支払うのなら、少しでも環境保護貢献ができる方がいいですよね。

1% For The Planetはお気に入りのパタゴニア社を通して知りました。自然環境保護に貢献するビジネスの奨励を目的とする非営利団体はパタゴニア社の創設者であるイヴォン・シュイナードとブルー・リボン・フライズ社のオーナーであるクライグ・マシューズによって設立されました。

1%の意味は?
私達個人が環境保護を懸念するのもとても大事なことですが、ビジネスの状態が地球環境問題に直接影響することを理解しなければなりません。これを理解した企業が1% For The Planetに参加し、社会的/環境的にも革新的な団体のメンバーとして年間の売り上げの1%を寄付することにより、草の根環境保護団体の活動を真剣に支援してもらうのが目的です。環境に対する真剣な取り組みを行えば、消費者からの信頼と認識を得ることができます。

この団体のメンバーになっている食品会社やレストランが使用する原材料は持続的農業から採れたものであり、他にも環境教育を消費者に提供するなどの活動を行っています。カルフォルニア州バークレーにあるアリス・ウォーターの経営する「Chez Panisse」もメンバーです。日本からのメンバーも豊富で、私が最近注目していて東京に帰った時には参加してみたい東京を自転車に乗ってツアーを提供するTokyo Great Cycling Tourなども参加しています。

小さな社会・環境保護に貢献が積み重なり、それが大きな影響を及ぼします。買い物をする時、この商品を買うことで環境保護、社会貢献ができているのかな?などと、ちょっと気にしてみてください。

f0205909_5542274.jpg

CLIF社のエネルギー・バー↑とその袋の裏に記されている1%For The Planetのマーク↓
f0205909_551226.jpg



f0205909_612882.jpg
★栄養・食インフォ:CLIF社のエネルギー・バー:nectar(ネクター)
オーガニックのドライフルーツとナッツで作られた砂糖なしのバー。
1本(45g) :170カロリー、脂肪6g、炭水化物29g、食物繊維4g、たんぱく質3g、糖分18g
原材料:オーガニックデーツ、アーモンド、オーガニックアプリコット、オーガニッククランベリー、オーガニックリンゴ濃縮ジュース。

1% FOR THE PLANET
http://www.onepercentfortheplanet.org/en/

パタゴニア(日本語)
http://www.patagonia.com/web/jp/home/index.jsp?OPTION=HOME_PAGE&assetid=6297&slc=jp_JP&sct=JP

Patagonia Inc. (米国)
http://www.patagonia.com/web/us/home/index.jsp?OPTION=HOME_PAGE&assetid=1704

CLIF Bar & Company
http://www.clifbar.com/

Chez Panisse
http://www.chezpanisse.com/

Tokyo Great Cycling Tour
http://www.tokyocycling.jp/index.html
[PR]
by asakofoodtoeat | 2009-06-03 06:26 | 環境: Environment
ニューヨーク市のマンハッタン区の北部に位置するハーレム ”Harlem”。西側のウェスト・ハーレム、中心のセントラル・ハーレム、東側のイースト・ハーレムに区分されています。イースト・ハーレムは他のハーレム地区よりも治安が悪いと言われてきましたが、ここ数年でコミュニティーガーデンや子供達の知育、徳育、体育を促進することを目的にハーレムチルドレンセンターなどが作られて、住民にとって住みやすい地域づくりが進んで行われています。2001年に元クリントン大統領が地域改善も一つの目的でハーレム地区に事務所を移しましたね。

そんなイースト・ハーレム地域改善活動の中心的な存在として関わっているのは前回コロンビア大学教育大学院の栄養プログラム100周年記念のイベントのスピーカーとしてご紹介したマンハッタン区長Scott Stringer氏。イベントでStringer氏は主に未来のニューヨーク食生活についてスピーチをしてくださいました。ニューヨーク市長のBloomberg氏の環境イニシアティブとしても活躍されていらっしゃるStringer氏のお話にはとても迫力があり、なおかつユーモアもあり、市民をどんどんひっぱる力があるのを感じました。日本にもこのような存在がトップにいて欲しいとつくづく思う・・・。2009年の公共議会ではもっと他の地域のお手本となるような革新的な食政策を提案しました。
http://www.mbpo.org/uploads/FoodInThePublicInterest.pdf

彼の活動力はあらゆるところで発揮されています。彼のすごい所はイースト・ハーレム地区のレストラン、食料品店、地域の住民から約68のレシピを集めて紹介し、ヘルシーな食生活を送るためのヒントや食べ物の効用、料理を作って頂くことが肥満、糖尿病などの生活習慣病を予防する、という内容をまとめて"Go Green East Harlem Cookbook"を出版しました。ハーレムにはスペイン語を母国語とする住民が多く住んでいるため、英語とスペイン語の二ヶ国語で出版されています。この本の特徴はヘルシーな食生活を、ローカル(地産地消)食物を使って料理を作る事の楽しさと大切さを地域に届けるために出版されましたためか栄養分析などの詳細はなく、初心者には読みやすい料理本です。
f0205909_543546.jpg


他にイースト・ハーレムのグリーン活動として取り上げられたのが2008年の10月に女優のベッド・ミドラー設立のニューヨーク修復プロジェクト”New York Restoration Project (NYRP)”がイースト・ハーレム住民に本物のグリーンスペースでリラックス、ガーデニングを楽しんでもらうために"The Target East Harlem Community Garden" - イースト・ハーレムを対象にしたコミュニティーガーデンをオープンさせました。5000平方フィートのガーデンには風力タービンとソーラーパネルが使われ、雨水を使って新鮮な野菜や植物を育てています。またこのガーデンは地域住民に残飯を堆肥化することを薦めており、ガーデン内にコンポスト(堆肥用)のビンが置かれ、地域のリサイクル活動にも協力しています。
f0205909_555499.jpg

by NewYork Times

イースト・ハーレム地区の改善を目で実際に見ていると数人の力で小さな所から変えていくことがとても効果的であると実感しています。小さな変化が積み重なると人々の健康問題の解決につながるだけではなく地球環境もやさしいことを忘れてはいけませんね。

*Go Green East Harlem Cookbook
http://www.amazon.com/Go-Green-East-Harlem-Cookbook/dp/0979047536

*New York Restoration Project
http://www.nyrp.org/

*The Target East Harlem Community Garden
415-417 E 117th street (on 1st Avenue), New York, NY
[PR]
by asakofoodtoeat | 2009-04-11 06:05 | 環境: Environment